"ゆりかごの歌"を聴きながら

何年、何十年経ってから、何をしていたか見返すための記録

(読書記録)農業消滅: 農政の失敗がまねく国家存亡の危機

各所で日本の農業などについて言及しており、農業経済学が専門の著者が書いた新書。

Amazon.co.jp: 農業消滅: 農政の失敗がまねく国家存亡の危機 (979;979) (平凡社新書 979) : 鈴木 宣弘: 本

------------------------

徹底した規制緩和で、食料関連の市場規模はこの30年で1・5倍に膨らむ一方、食料自給率は38%まで低下。農家の総収入は13・5兆円から10・5兆円へと減少し、低賃金に、農業従事者の高齢化と慢性的な担い手不足もあいまって、?農業消滅?が現実のものになろうとしている。人口増加による食料需要の増大や気候変動による生産量の減少で、世界的に食料の価格が高騰し、輸出制限が懸念されるなか、日本は食の安全保障を確立することができるのか。農政の実態を明かし、私たちの未来を守るための展望を論じる。

------------------------

食料自給率や食の安全などに関する問題については、確かに重要な問題の反面、個人で気にしすぎると食べるものがなくなってしまう。なかなか個人では解消が難しい論点。

本書では、日本の食の問題について多角的に述べられており、勉強になる部分が多い。ただ、個人的にはこの分野に知見があるわけではないので、本書の多くで伏字・匿名化している部分が多く、理解が進みにくい部分もあった。

おそらく多方面に配慮した結果だと思うが、素直に企業名などを記載してもらった方が、読者目線のみを切り取ると分かりやすいようにも思う。

また、巻末の付録で「本音の政治・行政用語の変換表」というものがあり、確かに的を得ている部分が多いが、ただ単に政府を批判している感があり、本文の説得力にも影響するため、個人的にはなくてもよかったのでは、という感想を持った。

(読書記録)52ヘルツのクジラたち

2021年本屋大賞を受賞した作品。

Amazon.co.jp: 52ヘルツのクジラたち (単行本) : 町田 そのこ: 本

---------------------------

「わたしは、あんたの誰にも届かない52ヘルツの声を聴くよ」
自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。
孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会う時、新たな魂の物語が生まれる。

注目作家・町田そのこの初長編作品!

---------------------------

以前、書店でも表紙を見ることが多く、気になっていた作品。

決して面白くない、というものではないが、個人的にはなんとくなく、どこかで読んだようなストーリーという印象があった。また、虐待された少年の結末についても、若干軽いというか、もう少しプラスアルファ的なものが合った方が個人的には好みであった。

 

ただ、冒頭から中盤までは重苦しい雰囲気のタッチであるが、結末自体はネガティブではないように思う。このようなエンドにするのであれば、分量なども適切かと思った(これ以上長いと、展開がだれてしまうかも)。

「新たな魂の物語」という点は必ずしも賛同しかねるが、確かに人気になりそうな小説という感想を持った。

(雑記)受付の人

普段、病院のお世話になることはないが、付き添いの関係で先日、とある大学病院に行った。

外来扱いだったので、やはり混雑しており、待ち時間が長かった。ここは予想どおりだったので致し方なかったが、その後、各種検査を行うため、別の科を移動することに。

総合病院であり、一人の医者・看護師が全て対応できるわけではないので、いわゆる縦割りであることは問題ない。

 

ただ、唯一気になったのは、至るところの窓口の人の対応が微妙だったこと。

(少なくとも私は積極的に相手を怒らせるつもりはないのだが、)高圧的な印象を受けた人が目立った。

病院には色々な人、ある意味、日本語が通じないような人もいるだろうし、そういう人を日々対応する人の気持ちは最大限、汲み取るものの、なんだかなーという気持ち。

医者や看護師の方は丁寧(内容の良し悪しは別にして、丁寧に説明しようという気持ちは見える)なのに、何とも。

最後に会計をするのも受付・医療事務の方であり、医者や看護師の方が丁寧でも、最後が微妙だと複雑な気持ちになった。

 

また、先日、とある役所の受付に行ったところ、ここの受付の人も正直イマイチであった。

そういう公務員が一定数存在することは認識しており、公務員批判をしたいわけではないので、別にそこは割り引いていたが、裏口で私の話をしており、「(私に)・・・とか言って、今日は帰ってもらえ」とか、聞こえているのだが。。。

ここまでくると、公務員とか病院とかの話ではなく、あくまでその人の性格がイマイチなのだろう。

 

100点の働きぶりをする必要はないが、少なくとも相手に不快感を与えないようにする必要があると自分自身を戒めとしておきたい

あとは、私の性格や対応がイマイチで、相手を怒らせていることではないことを祈っている。

(読書記録)学校弁護士 スクールロイヤーが見た教育現場

弁護士であるとともに、教職としての経験を持つ筆者が主にスクールロイヤーという目線で記載した本。

学校弁護士 スクールロイヤーが見た教育現場 (角川新書) | 神内 聡 |本 | 通販 | Amazon

-------------------------

いじめ、ブラック校則、教師の長時間労働……なぜ違法が横行するのか?

第一章 スクールロイヤーは救世主か
第二章 いじめ ―予防は困難だが適切な解決の助言役に
第三章 虐待 ―弁護士の連携で防げる可能性は高い
第四章 不登校 ―多様な背景を見極め、調整役に
第五章 校則、そして懲戒処分 ―スクールロイヤーの腕の見せ所
第六章 保護者対応 ―弁護士会の見解は真っ二つ
第七章 体罰 ―現実的な対案を提示できなければなくならない
第八章 部活動 ―白黒つける法律では判断が難しい
第九章 学校事故 ―子どもと教師を守るために
第十章 教師の長時間労働 ―原因はたった二つ

-------------------------

個人的にスクールロイヤーという役割は知見がなかったので参考になった。

本書でも触れられているとおり、スクールロイヤーとは学校で生じる様々な問題について、法的な立場から助言・アドバイスをすること。

確かに必要な役割のように思うが、大事なのが「法的」、「助言・アドバイス」という点。

「法的」という点では、当然に法令諸規則に基づくアドバイスをするもので、そもそものルールが現代の教育現場の実態と乖離している点があるのではないかということ。

また、「助言・アドバイス」のとおり、最終的に解決を図る主体は教師ということになってくる。

 

個人的に教育現場に精通しているわけではないが、自分としては何でも教師に役割や責任を負担させる反面、他の職業と比べて労働条件・環境がイマイチと感じており、本書でもその部分は納得できたところである。

そして、ニュースや世間の論調を見ても「教師」という大きな一括りでとらえているという点も課題だと思うし、その点も丁寧に考察されているように感じた。

全般として、教育現場の課題などは納得できる反面、一読した限りでは「スクールロイヤー」の有用性や価値などは、強くは伝わってこなかったようにも思った。

2023年の振返り <結果、ビジネスホテルで年越し>

※2023年12月31日に書いたもの

 

ありきたりではあるが、2023年をブログで振り返ろうとクリスマスくらいには思っていた。

良かったこと、年始の目標と照らして実行できたもの、できなかったもの、色々あったし、個人的な大きなイベントもあった。どう転ぶかは別にして、2024年も新しいことや体験が生まれるだろう、という見立てもある。

 

年末年始の時間を有効に使って、2023年を丁寧に振り返ってみようと思っていたのだが、状況が変わった。

名前を書くのも嫌なので、大雑把な表現とするが、家に「非常に好ましくないもの」が出た。正確には実物は目視はしていないが、色々な音を聞いたり痕跡を見たり。

憂鬱だし、夜はとてもではないが眠れない。

そして、管理会社も年末のお休みだし、引っ越すにしても不動産業者も年末休み。

 

ということで、12月末からビジネスホテルに泊まることにした。なぜ、こんなことに。

その結果、年越しもホテル。

人格者であれば、それでも2023年を落ち着いて振り返ることができるのかもしれないが、自分には厳しい。

今のところの感想としては、「終わり悪ければ、全て悪し」。こんな一年は勘弁してほしい。

「自分の住んでいる家などの土台の環境が大切。仕事とか、プライベートとか、プラスアルファの云々はその次の話」ということを身をもって体験している。

 

将来、「こんなこともあったな」と思い出になることを期待して2023年は締めくくることになりそう。

と書きながら、歯を磨こうとしたら、買ったばかりの歯磨き粉をトイレの中に落としてしまった。無念。

(読書記録)超難関中学のおもしろすぎる入試問題

私立・国立の最高峰の中学の入試問題をまとめた本。

超難関中学のおもしろすぎる入試問題 (平凡社新書) | 松本 亘正 |本 | 通販 | Amazon

----------------------

東京でタクシー運転手になるコツ(開成)や、フレンチのフルコースの順番とマナー(慶應)など、大人も驚きの珍問・名問に挑戦してみよう。超有名講師による予想問題&対策つき。

----------------------

色々な問題が出題されていることは知っていたが、このようにまとまってみると面白いとともに、普通に大人でも難しい問題が散見された。

大人であれば、一定の知識や経験で触れてきたものがあるが、これを小学生が解くのは純粋にすごいなと。この本は国語や社会の問題が中心であるが、これらの科目では知識を求める問題も出題されているだろう。加えて、算数や理科でも難しい計算などを求めているものがあるはずであり、正直、まともに対策すると幅が広すぎるなと。

当然に満点を取ることは困難であり、実際は正解できるものを落とさないことが重要であり、この本に記載された難問は落としても致し方ない部分はあるだろう。他方で、このような問題を正解する小学生もいるわけで。

三者の大人の立場としては、おもしろい問題、又は単なる知識のみでは解けない問題を出した方が、「考える力」を持った子供が増えることにつながるとは思う。

その反面、仮に自分に子供がいて中学入試をすることを想像した場合、対策しようがない問題は厳しいなと。大学入試などであればわかるが、12歳の小学生は子供では…

中学入試を反対するものではなく、むしろ賛成派であるが、親や教える立場を想像すると考えさせられるものがあるなと。

(読書記録)白鳥とコウモリ

東野圭吾氏の長編小説。

白鳥とコウモリ | 東野 圭吾 |本 | 通販 | Amazon

----------------------

遺体で発見された善良な弁護士。
一人の男が殺害を自供し事件は解決――のはずだった。
「すべて、私がやりました。すべての事件の犯人は私です」
2017年東京、1984年愛知を繋ぐ、ある男の"告白"、その絶望――そして希望。
罪と罰の問題はとても難しくて、簡単に答えを出せるものじゃない」
私たちは未知なる迷宮に引き込まれる――

----------------------

長編ではあったが、丸2日くらいで読み切った。

男が自供した後に、被害者遺族、男の息子を含め、過去や現代の事件の真相を暴いていくストーリー。自供した男が直接の犯人ではないことは薄々感づくところだが、真相に行きつくまでの描写は面白い。

結末自体は若干思うところはあったが、さすが東野圭吾氏の作品だなと感じた。

 

そして、警察の二人が門前仲町で飲むシーンが複数あるが、描写がおいしそうで酒が飲みたくなった。本を読み終わった後に特設サイトを見たが、まさに「ついつい一杯やりたくなる」ところは、色々な意味でよくない(お財布的に)ところ。

東野圭吾『白鳥とコウモリ』特設サイト | 幻冬舎 (gentosha.co.jp)